犬の耳の病気は 早期発見が鍵!!

こんにちわ花❀花です

意外と気づかれない重要なチェックポイントってご存知ですか??

 

ソレは耳。

なんだか足でカイカイしてる~

耳を床にこすりつけてる~

なんてしぐさが出たら実は遅いかも。

耳の病気は結構あるんです。

 

「マラセチア」

という常駐菌これは結構厄介なのです。

垂れ耳で換気が悪く、中で増殖してしまったりするのが原因だったりします。

 

外耳道に体長0.5ミリほどの白っぽいミミダニが寄生しておこるのは

「耳疥癬(ミミダニ)」

外耳道に黒褐色の耳垢がたまって激しいかゆみを伴います。

頭を振ったり激しくこすりつけたり耳の後側をひっかいたりと…

他の犬にも移るので要注意!!

 

 

悪臭のある黄色や茶褐色の耳垢が外耳道にたまったり

ひどくなると炎症は耳介へも進み赤くはれる

「外耳炎」

マレセチアなどの真菌感染、

ブドウ球菌による細菌感染が主な原因になりますが

そのほかダニ、アレルギー、ホルモン異常、水、シャンプー、

昆虫などの異物が原因になることもあります。

 

 

外耳炎を繰り返す犬は要注意!

「中耳炎」

外耳の炎症が内耳まで進行すると起こります。

かゆみは感じないのですが強い痛みが出るので、

耳を触られるのを嫌がります。

発熱、咽頭が腫れたりもし、悪化していくと膿がたまり

鼓膜が破れ難聴になる場合もあるのです。

 

 

まだまだ耳の病気もたくっさんありますが

日ごろのチェックで早期発見してあげて下さい。

 

耳掃除に役立つグッズを紹介~

花花でも使ってます。

ノルバサンオチック

実際に動物病院で使用されている犬の耳洗浄液
ベタベタしたような耳垢も綺麗に落ちるので耳垢がひどい犬におすすめです。
特に耳が垂れている犬は耳垢ができやすいので定期的に洗浄してあげて下さい。

異常な耳垢を発見したら、むやみに取り除いてしまう前に動物病院に行きましょう!

日ごろのケアがしやすいように子犬の頃から耳掃除に慣れさせておく事も大切だと思います。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*